お電話でのご予約はこちら
080-782-2120, 080-782-2012
092-849-4478
タイ最新情勢、タイ最新ニュース、治安情報
タイ最新情勢、タイ最新ニュース、治安情報

タイ情勢

〜2021年7月(その4)タイ最新ニュース〜
7月21日,2021年
タイ政府、2000万回用量のファイザーワクチン購入契約を締結
タイ政府は、ファイザーCovid-19ワクチンを購入すると公表後3ヶ月が経ち、漸くファイザーCovid-19ワクチンの2000万回分の契約をファイザー社と署名した。納入は今年の第4四半期に予定されています。購入価格は明らかにされていない。

この第四半期に納入されるワクチンの前に、アメリカから寄付される150万回用量のワクチンが7月29日にタイに到着予定です。この用量は、3000万ドルの価値があると報道されています。

このファイザーワクチンは、国家伝染病委員会の承認を受けた最前線の医療従事者や医療従事者、高齢者、その他のグループに投与されます。
7月20日,2021年
タイ国営金融機関7社、1都12県のショッピングセンター内の店舗営業を停止
政府住宅銀行(GHB)、政府貯蓄銀行(GSB)、農業協同組合銀行(BAAC)、タイ輸出入銀行などタイの国営金融機関7社は7月20日から、1都12県のショッピングセンター内の支店の営業を停止しました。1都12県は、タイ政府が新型コロナウイルス感染症の最高厳重管理地区(ダークレッドゾーン)に指定する地域です。

現在のダークレッドゾーンは下記の1都12県です。

バンコク都、ノンタブリ県、パトゥムタニ県、サムットサコン県、ナコンパトム県、サムットプラカン県、ナラティワート県、パタニー県、ヤラー県、ソンクラー県、チョンブリ県、チャチュンサオ県、アユタヤ県。

これらの金融機関とのお取引のある方はご注意下さい。
7月19日,2021年
より厳しい制限を「ダークレッドゾーン」に指定された13県で実施、8月2日まで
7月12日以来、「ダークレッドゾーン」に指定された県で厳しい制限が課されたにもかかわらず、Covid-19の状況は改善されていません。

デルタ変異株の感染拡大を抑制するために、政府はさらに3つの県を「ダークレッドゾーン」として分類しました。この新しいゾーニングと制限は7月20日に発効し、少なくとも8月2日まで実施されます。

バンコクとその周辺の県とマレーシア国境に近いタイのディープサウス地域に加え、チョンブリー、チャチェンサオ、アユタヤ「ダークレッド」ゾーンに分類されています。

「ダークレッドゾーン」の県
バンコク、ナコーンパトム、ノンタブリ、サムットサコン、サムットプラカン、パトゥムタニー、ヤラ、パタニ、ソンクラー、ナラティワット、チョンブリ、チャチョンサオ、アユタヤ。

「ダークレッドゾーン」の主な制限内容
・午後9時から午前4時まで外出禁止。
・コンビニエンスストアとレストランは午後8時に閉店。
・レストランではテイクアウトサービスのみを提供。
・銀行を含むショッピングモールの店舗は閉鎖。
・スーパーマーケット、薬局、予防接種センターは午後8時まで営業。
・5人を超える集まりは禁止。
・ホテルやカンファレンスセンターはイベントの開催を禁止。
・公共交通機関は、乗客数を通常の最大容量の50%に制限。
・県間の移動の制限。チェックポイントを設定。
・学校は閉鎖。
7月18日,2021年
タイ、7月21日よりバンコク発着の国内線の運航を原則禁止に
タイ民間航空局(The Civil Aviation Authority of Thailand: CAAT)は、7月21日(水)よりバンコクを含む最高度厳格管理地域(ダークレッドゾーン)を発着する国内旅客便の運航を原則禁止すると発表しました。

例外として、緊急時の着陸、医療活動やワクチン空輸を兼ねたフライト、またプーケットやサムイ島のサンドボックスプログラム関連のフライトは今回の規制の対象外。

禁止期間は、禁止の解除の発表があるまで。

現時点でダークレッドゾーンに指定されている地域:
バンコク、チャチュンサオ、チョンブリー、ノンタブリー、サムットプラカーン、サムットサコーン、パトゥムターニー、ナコンパトム、アユタヤ、ナラティワート、パッタニー、ヤラー、ソンクラーの13都県。

旅客定期便がある空港としてはバンコクの2空港(ドンムアン空港、スワンナプーム空港)と、ハジャイ空港とナラティワート空港が、今回の発着禁止制限の対象になります。

該当のフライトを利用予定の方は、ご予約便のキャンセル等に関して各航空会社にお問い合わせ下さい。
7月18日,2021年
WHOは、種類の異なるCOVID-19ワクチンを混合接種するタイの決定に反対しないと表明
世界保健機関(WHO)の担当者は、WHOはシノヴァックワクチンの1〜2ショットの後にアストラゼネカワクチンのショットを投与する「ミックス・アンド・マッチ」ワクチン接種アプローチを使用するというタイの決定に反対していないと公表しました。

現在、タイ国内での急速に感染拡大しているデルタ変異体を抑制する方策が問われている中、タイの学術委員会は、最初にシノヴァツを摂取した人は、3〜4週間を空けて2回目のアストラゼネカでワクチン接種することができ、英国とスウェーデンのワクチン、または任意のmRNAワクチンは、医療従事者のための第3の「ブースター」ショットとして使用することができるという国家伝染病委員会(NCDC)の決定に合意しました。

しかし、いつ練習が始まるのかは不明のままで、チェンマイのような一部の予防接種サイトでは、状況が明確になるまで、現在行っている予防接種を一時的に停止しています。
7月17日,2021年
チャトゥチャックの週末市場は7月29日まで閉鎖
バンコクで人気のチャトゥチャックウィークエンドマーケットは、Covid-19感染拡大を抑制するために7月16日から29日まで閉鎖されます。

バンコク都は7月12日以来、コンビニエンスストア、デパートメントストア、マーケットが午後8時に閉鎖され、また夜間の外出禁止の規制が実施されていますが、新型コロナウイルスの感染拡大はますます深刻化しており、7月16日はついに感染者数が1万人を超えました。

チャトゥチャックの多くのベンダーが他の県に住んでいて、県間を移動しなければならなかったので、市場を担当するBMA当局は7月16日から29日まで閉鎖を判断。

タイにおける新型コロナウイルスの感染が一日も早く終息することを祈ります。
7月16日,2021年
【広告】101 Premier Massage営業日のお知らせ
7月12日から始まりましたバンコク都の新規規制により、7月12日から7月25日の間、全ての飲食店、全てのタイプのマッサージ店、スパが営業規制となっております。

この規制を受け、101 Premier Massageは指定された規制期間である7月12日から7月25日の間、営業を一時休業とさせて頂きます。規制解除後、営業を再開いたします。詳細は、当店のウェブサイトに随時掲載いたしますので、ご参照下さい。

営業に関して多くのお問い合わせを頂いております。ご不便をおかけして申し訳ございませんが、ご理解をお願いいたします。
7月16日,2021年
CCSAにより、更に7県が「ダークレッド」に指定
Covid-19シチュエーション管理センターの7月16日の発表によると、さらに7つの県がCovid-19の感染対策の最大強化地区である「ダークレッド・ゾーン」の県に分類されました。が

ダークゾーンでは、来週7月19日月曜日から県間の移動が制限され、集会も5人以下に制限しさます。また、、住民に午後9時から午前4時まで外出が禁止されます。

在タイ邦人の方々で該当地区にお住まいの方、もしくはお仕事等で移動を予定している方は県をまたぐ移動に規制がありますので、ご注意下さい。県の越境の許可に関しては、該当の役所等にお問い合わせ下さい。

新たに「ダークレッド・ゾーン」に指定された7つの県は、チョンブリ、チャチェンサオ、ラヨン、ラチャブリ、ウドンタニ、スリン、ウボンラチャタニです。

ダークレッドゾーン
バンコク、サムットサコーン、サムットプラカン、ノンタブリ、ヤラ、パトゥムタニー、ナコーンパトム、パタニ、ソンクラー、ナラティワット

*来週追加される7県:チョンブリ、チャチェンサオ、ラヨン、ラーチャブリ、ウドンタニ、スリン、ウボンラチャタニー
101 Premier Massageによるタイ最新情報