お電話でのご予約はこちら
080-782-2120, 080-782-2012
092-849-4478
タイ最新情勢、タイ最新ニュース、治安情報
タイ最新情勢、タイ最新ニュース、治安情報

タイ情勢

〜2021年6月(その4)タイ最新ニュース〜
6月19日,2021年
タイ、6月21日の週の週末までにアストラゼネカのCovid-19ワクチンを百万回以上の提供予定
公衆衛生大臣アヌーティン・シャルンビラクルによると、100万回以上の用量のアストラゼネカCovid-19ワクチンが6月18日(金)にタイの公衆衛生省に届けられ、6月19日以降にタイ全土に配布される予定。
タイの製薬会社であるサイアムバイオサイエンスによって生産されたアストラゼネカワクチンの最初のロット180万回用量が6月4日にタイ国内へ配布。第2ロットが6月16日に納入され、現在タイ国内で配布中です。
タイ公衆衛生省によると、6月16日時点でタイではこれまでに720万回以上のCovid-19ワクチンが投与しており、そのほとんどはシノバックのワクチンでした。アストラゼネカのワクチンはわずか190万用量しか投与されていません。
6月18日,2021年
タイ、6月21日月曜日から新型コロナによる規制の一部緩和へ
Covid-19シチュエーション管理センターは6月18日金曜日に新しいゾーニング措置を発表します。
Covid-19状況管理センター(CCSA)は、バンコクとノンタブリ、パトゥムターニー、サムットプラカンの4県を、厳格なCovid-19コントロールのダークレッドゾーンとして定義しました。
6月21日から新しく定義されるレッドゾーニは、次の11県です。- チャチョンサオ、チョンブリ、トラン、ナコーンパトム、パタニ、ペチャブリ、ソンクラー、サムットサコン(以前はダークレッドゾーン)、サラブリ、ヤラとナラティワット。
9県がオレンジゾーンと指定されました。 - チャンタブリ、ナコーンシタンマラト、プラチュワプキリカーン、アユタヤ、ラノン、ラヨン、ラチャブリ、サカオ、サムットソンクラーム。
その他の53県は、イエローゾーンです。
CCSAのスポークスマンによると、6月21日月曜日からいくつかの疾病管理措置を緩和する予定だと述べました。
ダークレッドゾーンでは、50人以下の活動を行うことができます。エアコン付きのレストランは、食事の顧客数は最大50%まで可能。また、午後11時まで営業できます。ただし、店内でのアルコール飲料の販売と飲酒は禁止されてたままとなります。
ダークレッドゾーンでは、デパートやショッピングセンターは午後9時まで営業可能です。屋外スポーツフィールドや換気の良いスポーツ施設は、観客なしで開くことができます。学校は閉鎖されたままです。
レッドゾーンは、100人以下の活動が可能に。レストランは、食事の顧客数に制限はなく、午後11時まで営業することができます。店内でのアルコールの販売と飲酒は禁止されたままです。
レッドゾーンでは、ショッピングセンターやデパートは通常通り営業していますが、プロモーションイベントの開催は禁止されています。学校は開校できます。スポーツ施設は、限られた数の観客との午後9時まで利用可能です。
オレンジゾーンでは、混雑活動の参加者数は150人に制限されています。レストランは通常通り営業できますが、アルコールの販売と消費は禁止されています。ショッピングセンター、デパート、学校は通常通り営業しています。スポーツ施設は限られた観客数で開催可能です。
イエローゾーンでは、200人以下で活動可能です。レストラン、学校、ショッピングセンター、デパートは通常通り営業可能です。スポーツ施設は限られた観客数で営業することができます。
すべてのゾーンでは、人々は公共の場ではフェイスマスクを着用することが義務付けられています。エンターテイメント会場は閉鎖されたままです。
6月17日,2021年
タイ、10月から外国人旅行者の全面的受け入れ再開へ
タイのプラユット首相は声明を発表し、6月16日から120日以内にワクチン接種完了済みの外国人旅行者へタイの国境を全面的に開放し、隔離検疫無しで外国からの訪問者の受け入れ再開を目指すことを宣言しました。
タイでは7月1日よりプーケットで外国人旅行者を受け入れる「サンドボックス」プロジェクトがスタート。チェンマイやパタヤでもこのプーケットの「サンドボックス」プロジェクトと同様な方式で外国人旅行者の受け入れを目剤しています。
この度のプラユット首相の宣言によると、バンコクを含むその他の地域も遅くとも10月中には、ワクチン接種完了済みの旅行者は隔離無しで入国し自由に旅行ができるようになるとのこと。
6月16日,2021年
タイのノークエア、ワクチン接種者へのの特典として受託手荷物無料サービス開催
タイのLCC Nok Airは、予防接種推進の一環として、無料受託手荷物キャンペーンを実施しています。
ワクチン接種者は、ノックエアが運航するすべてのルートで15kgまでの受託手荷物が無料となります。予防接種が完了した場合は毎日適用可能であり、一度接種した場合は水曜日にのみ利用可能。
事前の手続きは必要なく、空港のチェックインカウンターで接種証明書を表示すれば、その場で特典を受けることができます。現在、適用可能な予約期間は6月30日まで、適用される搭乗期間は6月15日から7月31日までです。
詳細については、ノックエアのフェイスブックページをご覧ください。
101 Premier Massageによるタイ最新情報