お電話でのご予約はこちら
080-782-2120, 080-782-2012
092-849-4478
タイ最新情勢、タイ最新ニュース、治安情報
タイ最新情勢、タイ最新ニュース、治安情報

タイ情勢

〜2021年5月タイ最新ニュース〜
5月9日2021年
タイは検疫なしの観光地再開計画を推進中
タイ政府は、今年10月から、予防接種を受けた訪問者と他の5つの主要な観光地に対するバンコクの現在の強制検疫を放棄することを計画しており、国の病んでいる死にゆく観光産業の再起動に取り組んでいます。
CCSAのDr.Traisulee Traisoranakulは、新しい措置により、10月1日からパタヤ、パンガー、サムイ島、クラビ、バンコクなどの主要なアトラクションへのアクセスが容易になると述べました。
プーケットの観光と政府当局者はまた、パイロットの「サンドボックス」スキームが7月1日からワクチン接種された旅行者に開放する準備をしていると主張します。テスト。検疫期間は、完全に予防接種を受けていない、または過去72時間以内にPCRCovid検査で陰性となる可能性のあるすべての到着者を対象としています。 「検疫なし」は、タイの新しい再開政策にとって重要な変更です。
一方、観光スポーツ大臣のフィファット・ラチャキトプラカン氏は今週、検疫なしの再開が可能になる前に、島は新たな感染をゼロにするために登録しなければならないと繰り返した。以前の規定に加えて、島の人口の70%もの予防接種が必要です。今日の時点で、プーケットの人口の22%しか予防接種を受けていませんが、来週は新規登録が行われています。プーケットはこの段階で予防接種を受けており、タイの他の地域よりも進んでいます。
5月7日2021年
プーケット訪問者へのCovid-19空港検査 5月15日に終了する可能性
プーケット副知事のピヤポン・プエウォン氏は、5月15日以降にプーケットに到着した人々のためのCovid-19迅速抗原検査を中止することを検討すると述べた。
4月22日以降のプーケットへの入国は、レッドゾーン県からの旅行者に限定して過去72時間以内に予防接種の証明またはCovid-19検査の陰性が必要となります。これらのいずれもなしで到着する人は、空港での検査が必要。タイの人々は無料で、500バーツが外国人のためにテストされ、それはタイの2つの価格システムについての論争を引き起こしました。
現在の検査では、数日間症例を発見できておらず、支出額がそれだけの価値があるかどうかを再考するよう政府に求めています。プログラムが4月22日から5月5日に開始されて以来、現在の数値まで、40,000人以上がテストされ、22の熱狂的な感染のみが確認されています。さらに、これらの感染のうち5つは偽陽性であることが判明しました。
5月6日2021年
プーケットは集団免疫獲得と国境開国に向けて奮闘
これまでのところ、プーケットの人口の22%がCovid-19に対して完全にワクチン接種。
島の観光地では、集団免疫を獲得し、外国人観光客を再開するために、6月末までに人口の70%に2回接種ワクチンを投与するための集団予防接種キャンペーンを実施。 観光当局はまた、クラビ、パンガー、サムイ島、パタヤ、チェンマイの再開に取り組んでいます。
Kiattiphum Wongrajit事務次官は、国の残りの地域は160,000回分を受け取る予定であると言っています。100万人未満の県は800回の投与量を受け取り、人口1~150万人の県は1,000回分、大きな州は1,200回分の用量を受け取る予定。医療スタッフと最前線の労働者に優先的に投与される予定です。。
101 Premier Massageによるタイ最新情報