お電話でのご予約はこちら
080-782-2120, 080-782-2012
092-849-4478
タイ最新情勢、タイ最新ニュース、治安情報
タイ最新情勢、タイ最新ニュース、治安情報

タイ情勢

〜2021年5月(その1)タイ最新ニュース〜
5月24日,2021年
タイ・エアアジア、9月以降出発の国内便セールを発表 料金は99バーツから
タイ・エアアジア(Thai AirAsia)は、2021年9月1日~2021年12月16日搭乗の国内便を対象としたセールを開催。セール期間は5月24日~26日の3日間。運賃は路線によって異なり、99バーツ~299バーツ(BIG会員の場合)。
対象路線及びセール価格は以下の通り。
バンコク・ドンムアン空港発着
99バーツ: プーケット、チェンライ、コンケン、ナコンシータンマラート、スラートターニー 
199バーツ: チェンマイ、ピサヌローク、ウボンラチャターニー、ウドンターニー、ハジャイ、クラビー
299バーツ: ナーン、ルーイ、トラン
バンコク・スワンナプーム空港発着
99バーツ: チェンマイ、ハジャイ、プーケット、ナコーンシータマラート
199バーツ: ナーン
バンコク発着以外ではチェンマイ~フアヒン及びウドンターニー~フアヒンが199バーツ。詳細はタイ・エアアジアの公式サイトでご確認下さい。
5月23日,2021年
タイの私立病院、500万用量のモダナワクチンの独自接種開始を予定
タイ私立病院協会は、タイ政府が大量接種を展開しようとしているアストラゼネカとシノベックバイオテックのワクチンに加えて、独自の接種プログラムとしてモデルナのワクチンの接種を計画しています。
200以上の私立病院のグループは現在、政府薬品機構を通じて500万回の用量のモデルナのワクチンを注文する予定であると述べています。
タイでは、シノヴァツ、アストラゼネカ、ジョンソン・エンド・ジョンソンに次いで第4のワクチンとして5月13日にモデルナワクチンの国内接種を承認しました。政府は現在は、シノヴァツとアストラゼネカのワクチンに依存していまうが、民間企業・病院がそれらのワクチンに代替されるワクチンを販売することが可能となっています。
タイ政府は、6月7日から大規模な展開を開始する予定で、2021年末までに1億回の用量を投与する目標を設定しています。
5月22日,2021年
タイ・エアアジア6月1日から13日まで21路線のフライトの運休を延長
タイ・エアアジアは、タイ国内でのCovid-19感染拡大を受け、国内21路線のフライトを一時運休を決定。運休されたルートは次の通り。
1.バンコク(スワンナプーム空港)–ナン
2.バンコク(スワンナプーム空港)–ナコンシータマラート
3.バンコク(ドンムアン空港)–ラノーン
4.バンコク(ドンムアン空港)–チュンポン
5.バンコク(ドンムアン空港)–サコンナコン
6.バンコク(ドンムアン空港)–ルーイ
7.バンコク(ドンムアン空港)–ブリラム
8.チェンマイ–パタヤ
9.チェンマイ–プーケット
10.チェンマイ–コンケン
11.チェンマイ–クラビ
12.チェンマイ–ハジャイ
13.チェンマイ–スラートターニー
14.パタヤ–ハジャイ
15.ウドンタニ–プーケット
16.ウドンタニ–パタヤ
17.コンケン–プーケット
18.コンケン–ハジャイ
19.パタヤ–プーケット
20.チェンマイ–ホアヒン
21.ウドンタイ–ホアヒン
タイ・エアアジアは、Covid-19感染拡大の第2波時にも定期便の大幅な運休を行いましたが、この第2波の収束後、4月下旬に運休しえいた全ての定期便を再開していました。しかし、4月下旬に感染拡大の第3波が起こり、再び定期便の運休を決定。
タイ国内を飛行機で移動する必要のある人は、定期便の運行状況に気をつけて下さい。
5月21日,2021年
タイ、外国人のワクチン接種は6月7日に登録開始
タイに住む外国人は、6月7日からCovid-19ワクチン接種の登録が開始されることになりました。
外国人は病院でワクチンに登録することができます。外務省のナタパヌ・ノパクン報道官は、健康記録が提出されている病院でワクチンの登録を勧めています。外国人のワクチンに登録には、パスポート、労働許可証または社会保障番号の身分証明書が必要となります。
バンコクでは、現在、ヴィムート病院とバンラック病院が予防接種センターに指定されています。
滞在中の外国人の種類ごとの今後のワクチン接種の登録計画は下記の通り。
タイ人の配偶者や家族、退職者、タイで働いているビジネスマンや投資家とその配偶者:
6月7日から予防接種センターでのオンサイト登録が開始されます。公衆衛生省は、地元の予防接種センターにワクチンを割り当てます。外国人は、健康記録が提出されている病院に登録する必要があります。
留学生、外国人留学生:
高等教育・科学・研究・イノベーション省によって手配されます。学生のための予防接種センターは、各大学の大学学長会議によって決定されます。
出稼ぎ労働者:
社会保障局が、ワクチン接種に関して雇用主と調整します。
5月20日,2021年
日本政府、5月19日からタイなど7カ国からの入国拒否
日本政府は5月19日、新型コロナウイルス感染が拡大しいてるタイ、カンボジア、スリランカ、モンゴルなどの7カ国に過去14日以内に滞在歴のある外国人を入国拒否とすることを決定。特別永住者は対象外。5月21日午前0時から実施。
5月19日,2021年
バンコク1日5万人にワクチン接種を計画 集団免疫を目指す
バンコクでのCOVID-19感染拡大を抑えるため、保健当局は民間機関と協力して5月末までに25のワクチン接種センターを設置する予定。保健当局は、1日あたり50,000人にワクチンを接種することで、集団免疫を目指しています。
バンコクのワクチン接種センターは現在は3箇所のみ。毎日午前8時30分から午後5時まで働き、1日あたり約1,200人の予防接種を受けています。現時点では、医療従事者は、バス運転手、教師、ゴミ収集家、保育所のスタッフなど、感染の危険にさらされている最前線の労働者がワクチン接種を受けています。
新しく設置される25のセンターは、1日あたり38,000〜50,000人にワクチンを接種することができる。これは、今後2ヶ月以内にバンコクで500万人、年末までに全国で5000万人にワクチンを接種するというタイ政府の集団免疫達成目標大きく前進させるだろう。バンコク政府によると予定さている25箇所のワクチン接種センターは次のとおりです。
Asiatique
Bhumirajanagarindra Kidney Institute Hospital
Big C Romklao
Big C Bangbon
CentralWorld
Central Festival Eastville
Central Plaza Ladprao
Central Plaza Pinklao
Emporium
Iconsiam
PTT Station, Rama II
Robinson Lifestyle Lat Krabang
SCG Bangsue
Samyan Mitrtown
Siam Commercial Bank Head Office
Sripatum University
Siam Paragon
Thanya Park
True Digital Park
Tesco Lotus Minburi
Tesco Lotus Rama IV
The Mall Bang Kapi
The Mall Bang Khae
University of the Thai Chamber of Commerce
タイ政府は、年末までに5000万人へのワクチンを接種を計画をしており、6月に展開する予定の大量ワクチン接種に登録する人の数が少ないため、ウォークインによる接種も検討している。合計1億回のCOVID-19ワクチンが確保され、政府はさらに5,000万回を取得する予定です。
5月18日,2021年
タイ、ワクチン接種来週にも開始 外国人のワクチン接種登録プロセスについても議論をスタート
無料Covid-19ワクチン接種の予約アプリであるMor Promは、既にタイ人の登録が開始されています。タイ政府は、外国人居住者にも登録を開始させる計画を考えています。タイの国家報道局は5月16日、外国人住民と労働者がアプリに登録するプロセスに混乱が起こらないよう、詳細を議論し始めました。
外務省のナタパヌ・ノパクン副報道官は、ワクチンが予想より早く到着したため、早ければ来週にも集団予防接種が始める可能性があると述べた。ワクチン接種は、接種会場であるウォークインセンターに配布されるとすぐに開始されます。
外国人居住者に関しては、ワクチン接種の予約を取るために、今後外国人様にアップグレードされる予定のMor Promに登録するか、もしくは接種会場のウォークインセンターに訪問して接種できるようになる計画です。ウォークインセンターの準備ができれば、すぐにでも接種が開始できるようになると考えられています。
現在、Mor Promの英語やその他の言語バージョンの導入に向けて準備が進んでいます。
5月18日,2021年
タイ、外国人のワクチン接種登録は8月から
タイ政府報道官ラチャダ・タナディレクによると、18〜59歳のすべてのタイ人が、5月31日からCovid-19ワクチン接種の登録することができると発表されました。
ワクチン接種の登録は、専用のMorPromptアプリ、Lineアカウント、公立病院、保健ボランティア、その他の方法で登録することができます。ウォークイン登録は、各県のアナウンスに従って利用できます。60歳以上の年齢層と慢性疾患を持つ人々の接種登録は既に開始されていますが、昨今のウイルス感染拡大を受けて、18〜59歳の接種開始を7月に前倒ししたため、登録も前倒しされて5月31日からの登録開始となりました。
一方、公衆衛生省によると、タイにいる外国人がワクチン接種登録をするのは8月以降になる予定とのこと。
タイ国では、主にタイ国内で製造されたアストラゼネカワクチンを接種することになりますが、シノヴァク、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンも承認されています。また、ファイザーのワクチンも今後承認される予定と報道されています。
5月17日,2021年
モデルナのワクチン10月までにタイに輸入
現在既にタイ国内で承認され接種が開始されているアストラゼネカとシノヴァックのCOVID-19ワクチン。それに加えて、モデルナのCOVID-19ワクチンが10月までにタイで利用可能になる予定。シノヴァクは、今月中にさらに200万回の量のCOVID-19ワクチンを追加でタイに納入する予定です。
私立病院協会のパイブーン・アエクセエンスリ事務総長によると、今年の後半に5〜600万回の用量のモデルナのCOVID-19ワクチンがタイに出荷されると予想しています。
食品医薬品局(FDA)は先週、モデルナのCOVID-19ワクチンの登録を承認しました。これは、アストラゼネカ、シノヴァック、ジョンソン・エンド・ジョンソンワクチンに次いで、FDAによって承認された4番目のワクチンです。
パイブーン氏は、モデルナのワクチンの価格は、政府薬学機構(GPO)によって設定されると言いました。接種者はワクチン代とサービス料の標準価格を請求されると考えられています。 私立病院はCOVID-19ワクチン配布による利益を考えていないと主張しました。
5月14日時点で、タイ全国で合計2,218,420回のCOVID-19ワクチンがタイ人に投与されました。
5月15日,2021年
タイ政府は11月に国際線の再開を関係各所へ指示
タイのサクサヤム・チドチョブ運輸相は金曜日、タイ民間航空局(CAAT)と関係者に対して、11月に予定通り国際線の開国準備を行うように命じた。
タイ空港公社、ウタパオ国際空港社、バンコク・エアウェイズ社は、Covid-19状況管理センターが発行したガイドラインに従って国際線再開の際の海外からの旅行者へ対応手順を起草するように命令されました。
5月15日,2021年
ホアヒン、10月の国境再開に備えて来月から住民のワクチン接種開始
350,000のCovid-19ワクチン用量が来月ホアヒンに送られ、住民と観光業界で働く人々がワクチン接種を開始する予定です。ホアヒンリチャージプロジェクトの一環として、外国人観光客への再開のために予防接種が開始されます。
国家観光政策委員会は最近、予防接種を受けた外国人観光客がホアヒンへ旅行する計画を承認しました。このプランでは、ホアヒンの観光委員会は、10月から予防接種を受けた外国人観光客に対して、プラチュップ・キリ・カーン、バンコク、ペチャブリー、ブリ・ラムの再開を推し進めており、これは、プーケットのサンドボックスモデルと同様のモデルです。
計画通りに進めば、10月から12月まで少なくとも10万人の観光客がホアヒンを訪れ、12億バーツ以上の収益を上げ、約10万人が仕事を取り戻せると見込んでいます。
5月14日,2021年
タイ、ファイザーCovid-19ワクチン1000万~2,000万回投与分を取得へ
公衆衛生大臣アヌーティン・シャルンビラクルによると、大臣とファイザー代表との会談の結果、タイがファイザーワクチンの1000万~2000万回の用量を取得すると大臣が明らかにした。
公衆衛生大臣アヌーティン・シャルンビラクルによると、タイ食品医薬品局が登録プロセスをできるだけ早く促進し、ファイザーワクチンは、今年の第3四半期または第4四半期にタイに到着する予定とのこと。
現在、コロナヴァックとしても知られる中国のシノヴァックワクチンは、18歳から60歳までの成人に対して、アストラゼネカワクチンは成人と高齢者対して、既にワクチン投与が開始されています。
ジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンはタイのFDAによって承認されて、モダナのワクチンも昨日5月13日にFDAよって承認されました。
5月13日2021年
TATは129,000人の外国人観光客をプーケットに見込む
タイの観光局は、国境再開の最初の3ヶ月で129,000人の観光客がプーケットに到着すると予想してます。当局は依然として、7月1日から予防接種を受けた外国人観光客が検疫なしで島に入国できるようしたいと主張しています。。バンコクポストによると、TATはまた、100,000の国内航空券に対して補助金を提供して国内線航空会社と提携する予定です。
当局は、現時点でタイ航空とタイ・スマイル航空とプーケットのサンドボックス・スキームに参加する観光客向けに、国内航空運賃に対して1,000~2,000バーツの補助金を提供するように協議中です。この補助制度は、他のローカルキャリアにも拡張される見込みです。
プーケット以外にも、他に9つのサンドボックスエリアがありますが、これの9エリア全てが国境再開すると、2021年の第4四半期に300万人から400万人の観光客が見込まれます。
4月以降にタイ国内で新たにCOVID-19が再流行しているますが、TATは観光に大きな影響を与えないと予想しています。一方、旅行代理店は、ウイルスの感染状況が国境再開タイムラインに影響を与える可能性があると懸念を表明し、TATに対して全てが予定通り実行されていることを確認するよう促しています。
5月12日2021年
7月1日のプーケット国境再開計画に黄色信号
Covid-19感染の急増により、プーケットが検疫なしで7月1日に観光の国境を再開する可能性が低下している。プーケット知事は本日、5月15日までに感染を1日10人未満に減らすというの目標を達成できなかった場合、国境再開計画が危険にさらされる可能性があると警告した。ナロン・ウンチウ知事は、感染を制御するために全員が協力することを強く求めています。現在の1日あたりの割合は10〜15で、7月に検疫なしでプーケットに到着するサンドボックス計画はほぼ確実に遅れそうだ。
プーケットでは毎日の感染が増加してる状況。これは、現在のCovid-19制限に違反するパーティーや懇親会に起因すると思われている。
Covid-19緊急法令の現在の制限の下では、同じ世帯に属していない2人が一緒に参加している集会は法的措置の対象と見なされ罰せられます。先日は、警察に捜査された6人のイギリス人とタイ人のグループがパーティーで飲酒をしていることが摘発され、Covid-19安全対策の違反として、2人の英国市民がそれぞれ6,000バーツの罰金を科されました。
5月11日2021年
保健当局はクロントイのスラム街の70%にワクチンを接種するために1日3,000人接種を実施
4月27日、バンコク大都市圏はクローントイ地区で19,983人がCOVID-19感染検査を行い、654人が陽性、5,700人が結果が待ち、他の人は陰性でした。
保健当局は、バンコク最大のスラム街であるバンコクのクローントイ地区の住民の70%にワクチン接種を目指して早急な接種を行っています。この地域は、今年4月以来数百人のCovid-19の陽性出ています。非常に混雑した環境で生活しており、多くの人が自己隔離のために仕事を辞めることができないため、タイ当局はウイルスを封じ込めるために積極的なCovid-19検査と集団予防接種キャンペーンを実施しています。
テスコロータスのラマIVおよびワットクローントイ学校で接種が行われていましたが、それに加えてポートオーソリティスタジアムにも接種会場が設置されました。集団免疫を獲得するために、この地区の住民80,000人のうち約50,000人がCOVID-19の予防接種を受ける必要があります。
5月9日2021年
タイは検疫なしの観光地再開計画を推進中
タイ政府は、今年10月から、予防接種を受けた訪問者と他の5つの主要な観光地に対するバンコクの現在の強制検疫を放棄することを計画しており、国の病んでいる死にゆく観光産業の再起動に取り組んでいます。
CCSAのDr.Traisulee Traisoranakulは、新しい措置により、10月1日からパタヤ、パンガー、サムイ島、クラビ、バンコクなどの主要なアトラクションへのアクセスが容易になると述べました。
プーケットの観光と政府当局者はまた、パイロットの「サンドボックス」スキームが7月1日からワクチン接種された旅行者に開放する準備をしていると主張します。テスト。検疫期間は、完全に予防接種を受けていない、または過去72時間以内にPCRCovid検査で陰性となる可能性のあるすべての到着者を対象としています。 「検疫なし」は、タイの新しい再開政策にとって重要な変更です。
一方、観光スポーツ大臣のフィファット・ラチャキトプラカン氏は今週、検疫なしの再開が可能になる前に、島は新たな感染をゼロにするために登録しなければならないと繰り返した。以前の規定に加えて、島の人口の70%もの予防接種が必要です。今日の時点で、プーケットの人口の22%しか予防接種を受けていませんが、来週は新規登録が行われています。プーケットはこの段階で予防接種を受けており、タイの他の地域よりも進んでいます。
5月7日2021年
プーケット訪問者へのCovid-19空港検査 5月15日に終了する可能性
プーケット副知事のピヤポン・プエウォン氏は、5月15日以降にプーケットに到着した人々のためのCovid-19迅速抗原検査を中止することを検討すると述べた。
4月22日以降のプーケットへの入国は、レッドゾーン県からの旅行者に限定して過去72時間以内に予防接種の証明またはCovid-19検査の陰性が必要となります。これらのいずれもなしで到着する人は、空港での検査が必要。タイの人々は無料で、500バーツが外国人のためにテストされ、それはタイの2つの価格システムについての論争を引き起こしました。
現在の検査では、数日間症例を発見できておらず、支出額がそれだけの価値があるかどうかを再考するよう政府に求めています。プログラムが4月22日から5月5日に開始されて以来、現在の数値まで、40,000人以上がテストされ、22の熱狂的な感染のみが確認されています。さらに、これらの感染のうち5つは偽陽性であることが判明しました。
5月6日2021年
プーケットは集団免疫獲得と国境開国に向けて奮闘
これまでのところ、プーケットの人口の22%がCovid-19に対して完全にワクチン接種。
島の観光地では、集団免疫を獲得し、外国人観光客を再開するために、6月末までに人口の70%に2回接種ワクチンを投与するための集団予防接種キャンペーンを実施。 観光当局はまた、クラビ、パンガー、サムイ島、パタヤ、チェンマイの再開に取り組んでいます。
Kiattiphum Wongrajit事務次官は、国の残りの地域は160,000回分を受け取る予定であると言っています。100万人未満の県は800回の投与量を受け取り、人口1~150万人の県は1,000回分、大きな州は1,200回分の用量を受け取る予定。医療スタッフと最前線の労働者に優先的に投与される予定です。。
101 Premier Massageによるタイ最新情報