お電話でのご予約はこちら
080-782-2120, 080-782-2012
092-849-4478
タイ最新情勢、タイ最新ニュース、治安情報
タイ最新情勢、タイ最新ニュース、治安情報

タイ情勢

〜2021年4月タイ最新ニュース〜
4月29日2021年
タイ国内生産のアストラゼネカワクチン6月までに利用可能に
アストラゼネカタイランドは、タイ国内で生産されたワクチンの投与量が6月までに利用可能になると声明を発表しました。サイアムバイオサイエンスはタイでワクチンを製造する唯一の権利を与えられており、アストラゼネカの当局者は製造プロセスが大幅に進んでいると述べています。アストラゼネカタイは、ワクチンは他の場所で適用されるのと同じ品質と安全性の基準に従ってタイ国内で生産されていると述べています。
タイ公衆衛生省は、6月7日に1600万人に初回投与が行われると述べています。バンコク、チョンブリ、チェンマイなどのリスクの高い地域の人口の少なくとも70%は、拡散を遅らせるための優先事項としてワクチン接種を受ける必要があります全国のウイルスの。地元で生産された線量を受け取る最初の1600万人は、5月1日に利用可能になり、すでにMorPromアプリに登録されています。
このグループには、60歳以上の約1170万人の人々と、呼吸器疾患、心臓病、腎臓病、糖尿病、癌、脳卒中、肥満など、よりリスクの高い430万人の健康状態が含まれています。します。 7月から、18歳から59歳までの3,100万人の2番目のグループがオンラインで予防接種に登録できるようになります。彼らは8月から最初の投与を受けることが予定されています。
4月28日2021年
タイ国内産のアストラゼネカジャブのサンプルがテストに合格
タイの医学部は、サイアムバイオサイエンスが地元で生産したアストラゼネカワクチンのサンプルを承認しました。 DMSのSupakitSirilakは、ワクチンの5つのモデルが承認のために提出されたと述べています。 5つのモデルは、生産中の一貫性についてテストされました。アストラゼネカジャブは、タイ食品医薬品局によって承認された3つのワクチンのうちの1つです。昨年署名された技術移転契約は、サイアムバイオサイエンスに唯一の生産権を付与しました。
DMSのテストによる結果は、タイでのワクチンの大量生産への動きを裏付けており、FDAはすでにSiamBiosciencesが生産を増やすことを許可しています。タイは依然として最悪の流行にあり、政府はワクチン導入のペースが遅いことで批判されています。サイアムバイオサイエンスは来月最初の多くのジャブを提供します。
バンコクポストは、ファイザージャブが大流行を引き起こすリスクが高い学齢期に適している可能性があると報告しています。ワクチンはこれまで考えられていたよりも高温で保管することができ、輸送ロジスティクスはそれほど難しくないと理解されています。
パンデミックのあらゆる側面を管理する唯一の権限を持つプラユット・チャンオチャ首相は、ワクチン接種に民間病院を関与させることでワクチンの配布が加速すると述べています。
4月27日2021年
バンコク、車2人以上乗車にマスク着用義務
バンコクの道路を走行する同じ車両に2人以上が乗車する場合は、フェイスマスクが必要です。
4月26日月曜日、バンコクで複数の人を乗せたすべての車両にフェイスマスクを着用することが義務付けられました。
バンコク市の書記官は、コロナウイルスの蔓延を封じ込めるためのバンコク首都圏政府の措置の一環として、この要件を確認しました。
車内に複数の人がいる場合、運転手と同乗者はマスクを着用する必要があり、この規制は同じ家族にも適用されます。
4月22日2021年
タイ、3,500万回分のCOVID-19ワクチンを追加購入
水曜日の朝、プラユット・チャンオチャ首相のフェイスブックへの投稿によると、タイはシノヴァツとアストラゼネカの6,500万人に加えて、他の2、3社からさらに3,500万回のCOVID-19ワクチンを調達する。
追加の用量を購入は、COVID-19ワクチンの調達を任された作業委員会の会議で決定された。
元公衆衛生大臣のピヤサコル・サコルサタヤドルン博士が議長を務めるこの委員会は、公衆衛生省、政府薬学機関、食品医薬品局、私立病院協会の代表者で構成されています。
首相によると、タイ貿易委員会が率いる民間部門は、民間企業の従業員のために、今回追加購入される全3,500万回の用量のうち1000万から1500万回の購入に資金を提供することによって、政府の財政的負担を軽減することを申し出たと述べた。
首相はまた、利用可能なすべてのワクチン用量を配布するよう年末までに管理体制を強化するように当局に指示したと言いました。
4月20日2021年
プーケット、4月21日からレッドゾーン県からの入県に陰性証明書類
プーケットの知事は、プーケットが今週の水曜日(4月21日)から入国制限を開始すると発表しました
プーケットに飛行機で行く場合は、承認されたCovid-19ワクチンの両方の投与量の証明、72時間以内のCovid-19フリー証明書、または空港での300バーツの費用でのRapidCovidテストが必要になります。この状況は、少なくとも4月末まで当てはまります。
プーケットへの道路で到着する場合、島の上部にあるタチャチャイロードチェックポイントを通過するこの制限の影響を受けるのは、レッドゾーン州からの旅行者のみです。オレンジゾーンから来た場合は、とにかく事務処理なしで入ることができます。
プーケット政府は、特にレッドゾーンの州への旅行を制限するよう人々に呼びかけています。以下は、レッドゾーンの州のリストです。
1.バンコク
2.チェンマイ
3.チョンブリ
4.サムットプラカーン
5. Prachup Kili Kang
6.サムットサーコーン
7.パトゥムターニー
8.ナコンパトム
9.プーケット
10.ナコーンラチャシマ
11.ノンタブリー
12.ソンクラー
13.タク
14.子宮ターニー
15.スパンブリ
16.サカオ
17.レーヨン
18.コンケン
4月18日2021年
サイアムバイオサイエンスは7月のワクチン提供に自信
サイアムバイオサイエンスは、地元で生産されたCovid-19AstraZenecaワクチンを提供するための7月の期限はまだ実現可能であると述べています。 同社は現在、品質検査のためにワクチンサンプルをヨーロッパと米国の研究所に送っています。 承認された場合、サンプルは最終検査のためにアストラゼネカに送られます。 その後、ワクチンはタイ食品医薬品局に登録され、大量生産の準備が整います。 サイアムバイオサイエンスは、アストラゼネカの同じ技術とほぼ同じ速度で、オーストラリアや韓国のメーカーとほぼ同じ速度でワクチンを国内で生産できると述べています。
政府の副スポークスマンは、6月に6000万から1000万回分のワクチンを接種する準備ができていると述べた。 サイアムバイオサイエンスは、同社は可能な限り迅速に取り組んでいると述べています。
4月16日2021年
ソンクラン期間、787万台以上の車両がバンコクを出入り
タイ運輸省の4月14日の発表によると、ソンクラン休暇中にバンコクを出入りする787万台以上の車両が記録されました。
4月10日から14日までに収集された累積データによると、約452万人が公共交通機関を利用しており、推定より35.86%少ないが、昨年のソンクラン休暇の同時期より74.22%多い。
バンコクに出入りする787万台以上の車両が記録され、推定より30.22%低くなっていますが、昨年のソンクラン休暇の同時期より34.67%高くなっています。 7,406,568台の車両のほとんどは自家用車でした。
交通事故については、ソンクラン祭りの期間中に856件の事故、107人の死者、837人の負傷者が報告され、事故の77.36%が直線ルートで発生しました。
4月15日2021年
ラーン島は現時点では引き続き国内の旅行者に開放
パタヤとラーン島の当局者は、地元のレストランで短時間働いた男性がCovid-19の検査で陽性であったにもかかわらず、現在、訪問者が島を閉鎖する計画はないと述べています。彼は4月3日から4月6日まで雇用されていた。彼の短期間の雇用期間中に、彼は島に戻る前に、ある夜、パタヤの多くのナイトライフ施設を訪れました。彼が働いていたレストランの名前は明らかにされなかった。
島では他の感染は記録されておらず、当局は厳格な疾病予防措置が実施されており、国内の観光客に開放されたままでいることができることを確認しています。当局はまた、人々にマスク着用規制を遵守するように促しています。
現在、島の封鎖が計画されており、バーやクラブなどのリスクの高い場所はすでに一時的に閉鎖されています。レストランやホテルは国内の観光客に開放されたままであり、ボートツアーやダイビングなどのアウトドアアクティビティは、Covid-19状況管理センターが別の方法で決定するまで続行できます。チョンブリ県は現在、誰が出入りできるかについての制限はありません。
4月14日2021年
タイ政府、90日間のレポートを廃止する可能性
タイ政府は、COVID-19の大流行が緩和されるにつれて投資と観光収入を増やす戦略の一環として、外国人と長期観光客が国内に滞在しやすくするために、今年移民規則を改正する可能性があります。
提案された変更は、外国人が90日間のレポートを提出する必要がなくなったことを意味する可能性があります。これは、特にオンラインファイリングシステムが1か月以上ダウンしているため、外国人にとって非常に人気がありません。
タイ銀行によると、タイの国内総生産(GDP)の伸びは、2022年の第3四半期までCovid以前のレベルに戻ることはありません。 タイ当局は、外国企業が熟練労働者を引き付けやすくし、欧米の退職者がタイに滞在しやすくすることで、昨年20年以上で最大の縮小に見舞われた経済を後押しすると主張している。
4月10日2021年
タイの私立病院は1000万のCovid-19ワクチンを受け取ります
政府が予約した7000万回のCovid-19ワクチンに加えて、タイの私立病院はさらに1000万回のワクチン接種を受けることができます。コロナウイルスに対する群れの免疫に到達するには、追加のワクチンが必要です。
アストラゼネカとシノバックのワクチンは現在、政府のワクチン接種キャンペーンで使用されており、2回の接種で効果がなければなりません。政府が調達した7000万回の投与は3500万人をカバーしていますが、タイでは集団免疫に到達するために少なくとも4000万人がワクチン接種を受ける必要があります。私立病院が管理する追加の1,000万回の線量は、追加の500万人をカバーします。私立病院は、受けたいワクチンを選択できます。
Covid-19状況管理センターのスポークスマンは、プラユット・チャンオチャ首相が保健省と私立病院協会との会談の後、4月9日に決定を承認したと述べています。
外務省のナタパヌ・ノパクン副報道官によると、これまでのところ、アストラゼネカ、シノバック、ジョンソン&ジョンソンコビッド-19ワクチンはタイ食品医薬品局によって個人購入が承認されています。
4月4日2021年
予防接種証明書-5月1日から登録が始まります
タイでCOVID-19の予防接種を受けた後に海外旅行を希望する人は、国際健康証明書を受け取りますが、予防接種に登録する必要があります。
保健省の顧問であるPongsadhornPokpermdeeによると、保健省は、WHOが6月にリリースされる予定の標準フォームをリリースすると、そのような証明書を発行する予定です。
5月1日、開発中のアプリを通じて、全国にある12,000を超える病院の1つで国内のアストラゼネカジャブの予約をすることができました。このサービスでは、予防接種を予約し、2回目の投与を思い出させ、その後の副作用を報告することができます。
タイの遅い予防接種プログラムは近隣諸国に遅れをとっており、王室財産管理局のサイアムバイオサイエンスによって製造された6,100万回のアストラゼネカの投与量は6月まで利用できません。これまでのところ、タイには100万の中国のCoronaVacと100,000のAstraZenecaが緊急使用のために輸入されています。
4月3日2021年
Covid-19に対する予防接種で検疫が7日間に短縮
Covid-19の予防接種を受けた旅行者は、タイ入国後の検疫期間が7日間に減らされます。新しい検疫期間が適用されるのは、プーケット、クラビ、パンンガ、チェンマイ、パタヤで4月1日から有効となります。
予防接種を受けていない人は10日間の検疫が必要。ウイルスの変異株を持つ国(主にアフリカ諸国)の隔離は14日間のままです。
WHOまたは公衆衛生省によって承認されたワクチンを接種する必要があります。ワクチンの種類におり、摂取回数が1回もしくは2回の投与が必要となります。
次のワクチンが承認されています:
- AZD1222 by アストラゼネカ/オックスフォード大学 (2回投与)
- ARS-CoV-2 (コロナバック) by シノバック (2回投与)
- NT162b2/コルミルナティ – トジナメラン by ファイザー/バイオンテック (2回投与)
- コビシールド(ChAdOx1_nCoV19) by インド血清研究所(2回投与)
- Ad26.COV2.S by ジョンソン・ジョンソンのヤンセン・ファーマシューティカル・カンパニーズ(1回投与)
- mRNA-1273 by モデルナ (2回投与)
タイ入国時に必要なもの:
- ワクチン証明書、印刷または元の書類(予防接種を受けた渡航者のみ)
- タイ王国大使館発行入国証明書
- 最低100,000米ドルのCovid-19保険
- 検疫ホテル(ASQ)の予約確認
- 出発の72時間以内に発行されたCovid-19検査陰性証明書
検疫期間の短縮は、タイの国境開放計画4ステップの第1段階です。7月1日から、第2段階としてCovid-19の予防接種を受けた外国人観光客は、検疫を受けずにプーケットに旅行することができます。
10月1日に設定された第3段階では、海外からプーケット、クラビ、パンガー、チェンマイ、パタヤに到着した予防接種を受けた旅行者に対して検疫が免除されます。
タイは、2022年1月1日からCovid-19の予防接種を受けた旅行者全員が検疫が完全に免除されます。
4月1日2021年
中国のワクチンが4月にすべての県に配布
タイ公衆衛生省のKiattiphum Wongrajit事務次官は、中国のシノバック社の80万回分のワクチンが今日から全国のすべての県に配布されると述べている。22の県とは、リスクの高い地域、国境県、または観光地です。6つのリスクの高い地域は350,000回分の用量を受け取り、8つの観光地は240,000回分、8つの国境県は50,000回分の用量を受け取ります。
6つのリスクの高い地域は、サムットサコーン、バンコク、パトゥムターニー、ノンタブリ、サムットプラカーン中央州、北部タク県(メーソット)です。チョンブリ、ラヨン、クラビ、パンガー、チェンマイ、コンケン、プーケット、スラートターニー(サムイ島)の8つの観光地があります。8つの国境県はソンクラー、サカオ、チェンライ、ラノン、ムクダハン、ナラティワット、ノンカイ、チャンタブリです。
Kiattiphum Wongrajit事務次官は、国の残りの地域は160,000回分を受け取ると言います。100万人未満の県は800回の投与量を受け取り、人口1~150万人の県は1,000回分、大きな州は1,200回分の用量を受け取る。医療スタッフと最前線の労働者に優先的に投与されます。
101 Premier Massageによるタイ最新情報